プリア・ダムレイ

プラサット・プリア・ダムレイは、プリア・カン・コンポンスヴェイのバライ・ベン・プリア・トコル(2800m x 750m)の南東角にある。

寺院名は、12段のラテライト基壇上の角に象の彫像が置かれていることに由来する。基壇の上には、軽建築寺院があったらしい。

現在は、仏陀とガネーシャを祀る寺院が建っている。

ラテライト周壁上の飾りから、周壁は、後の時代、ジャヤヴァルマン七世時代に造られたと言われている。

建立年代:
第一期 10世紀 第二期 12世紀末あるいは13世紀初頭
建立王:
ハルシャヴァルマン(ジャヤヴァルマン七世の祖父>?
 
周壁:ジャヤヴァルマン七世
宗教:
不明
規模等:
ピラミッド型寺院
 
バイヨン様式のラテライト周壁
 
十字型テラス
遺跡の意味:
聖なる象
見所:
基壇上の角に置かれた象の彫像
 
微笑むデヴァター