タ・ソム

ニャック・ポアンから東へ2kmのところにある12世紀末に建てられたバイヨン様式の小さな仏教寺院遺跡だ。小さな遺跡だが壁面などに172のレリーフを見ることができる。

2001年3月から、WMFとAPSARAが保全活動を行っている。

ジャヤバルマン7世によって建てられたので、塔門には、アンコール・トムと同じような四面仏がある。

プリア・カンの碑文に、珠玉の白象寺院(Gairasrogakaratana)と述べられている。また、22体の神体が安置されていたと言う。

壁龕を飾る耳たぶの長いデヴァタが、こちらを見つめている。

東塔門上部はガジュマルにすっかり覆われている。

塔門に近づいていくと、木に絡みつかれた人面が木漏れ日の中に浮かびあがる。

落ち着いていて静かで、平和な感じがとても素敵だ。

お勧めの遺跡の一つだ。(2015/10/21更新)

建立年代:
12世紀末
建立王:
ジャヤヴァルマンZ世
宗教:
仏教
規模等:
平地型寺院
 
第三周壁東西240m x 南北200m
 
第一回廊東西30m x 南北20m
遺跡の意味:
ソムおじいさん
クリーニング:
アンリ・マルシャル(1930)
見所:
東塔門に絡みつくガジュマル、破風に彫られたロケシュヴァラ(観音菩薩)